任意整理でクレジットカードを残す、更新について

任意整理をすると今持っているクレジットカードは残せない?カードの更新について

任意整理をする上で気になるのが「クレジットカードは今後残せないのか、持てなくなるのかどうか?」だと思います。

 

任意整理では借金の対象先を自由に選ぶことができます。任意整理の対象に入れたクレジットカードはどうなるのか、借金をしていない手元に持っているクレジットカードもしくは対象から外したクレジットカードはどうなるのかについて解説します。

 

任意整理の対象にしたカードはすぐに使えなくなる、対象外のカードはいずれ使えなくなる

任意整理は借金先の交渉相手を自由に選択できる手続きです。クレジットカードを任意整理の対象に入れる場合、そのクレジットカードはカード会社に返却することになります。対象に入れたクレジットカードはすぐに担当の弁護士(司法書士)に提出します。弁護士はそのクレジットカードをすぐにカード会社に郵送します。任意整理の対象に入れたクレジットカードは手元に残りませんしすぐ使えなくなります。

 

問題は任意整理の対象から外したクレジットカードです。例えば、優待サービスの利用目的で作ったカード(お店で提示すれば割引が受けられるなど)など支払いで一度も使ったことがないカードは任意整理の対象になりません。

 

また、借金の残額が少ないカードも任意整理から外すことがあります。

 

任意整理の対象から外したクレジットカードや借金をしていないクレジットカードは、カード会社に債務整理をしたことを伝える義務はないので、任意整理後も当分は手元に残ることになります。

 

任意整理の対象から外したカードもいずれ使えなくなる

任意整理をすると、「信用情報機関」にあなたが任意整理をした事実が載ります。この情報は、貸金業者が利用者の信用調査に使われるデータで、5年間残り続けます。

 

カード会社は顧客の信用情報を定期的に確認しています(与信の確認)。ですから、定期調査が入った時に任意整理をした事実がカード会社に知られ、そこで解約通知が送られてくることになります。

 

また、クレジットカードには使用期限が設けてあり、カードの更新時には必ず再度信用情報の確認をします。そこで解約となってしまいます。

 

「定期的に行われる与信の確認」もしくは「クレジットカードの更新時」のどちらから任意整理をしたことが知られ、クレジットカードはいずれ使えなくなってしまいます。

 

任意整理の対象に外したクレジットカード、もしくは借金をしていないクレジットカードは当分は手元に残りますが、定期的な与信の確認や更新時に事故情報が発覚して利用できなくなるのです。

 

 

任意整理をすると何年間クレジットカードは持てない?

任意整理のブラックリスト(事故情報の掲載)の期間は以下の通りです。

任意整理後5年間は喪中となります。具体的にはJICCとKSCがそれぞれ5年となります。

 

それぞれの貸金業者によって照合する信用情報機関が異なります。クレジットカード会社の信用情報機関の照合先は以下の通りです。
債務整理すると何年クレジットカードが持てないか
みての通り殆どのクレジットカード会社はJICCとCICの2つの事故情報は確認しますが、KSCの事故情報は確認しません。ようは任意整理の場合、JICCが喪明けすればクレジットカードの審査時に任意整理をしたことが原因で落とされることはなくなります。

 

ただし注意点としてはこの3つの信用情報機関は定期的に情報交流をしています。任意整理では原則JICCとKSCしか載りませんが、情報交流が行われればCICも載ることになります。ですから5年が経過したら一度3つすべての信用情報機関から情報開示をして、喪明けしているかどうか確認してみるとよいです。クレジットカードの審査の目的の場合はJICCとCICの2つの情報を確認するようにします。

 

情報開示は本人確認書類(免許証や保険証など)と申請書(それぞれのHPからダウンロード)と手数料(500円〜千円)の3つがあれば郵送で情報開示が可能です。5年間はクレジットカードが持てません。

 

クレジットカードが持てない生活を5年も過ごすのは不安だけど大丈夫?

たとえばインターネットプロバイダ業者との契約をクレジットカード支払いにしていて変更ができないとか、家賃の支払いカードの設定にしているとか、どうしてもクレジットカードでの支払いが必要な場面があると思います。任意整理をするとブラックリスト登録されている5年間は新しいクレジットカードが作れないので、そこで困ると思います。そこで「Visaデビットカード」を使うという方法があります。

 

Visaデビットカードとは、銀行口座を持っている人なら利用できるカードのことで、銀行口座と連動しており、VISAデビットカードで支払いをすると、即時口座引き落としになります。銀行口座の残高内でしか支払いができないため、借金をすることはありません。VISAデビットカードはVISAクレジットカードと同じように利用ができます。

 

デビットカードは銀行口座さえ持っていれば、誰でも利用ができます。ブラックリスト登録されていても関係ありません。クレジットカードが持てない時の生活については以下を参考にしてみてください。
債務整理でクレジットカードが使えない時の生活