500万の借金を任意整理する

借金総額が500万円の場合、任意整理が最善策?自己破産のがよい?

消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンから6件500万の借り入れがある場合、任意整理で解決できる?

借金総額が500万円の場合、任意整理が最善策?

6社からの借金が総額500万といっても、債務者にどのくらい収入があり、毎月いくら返済金を用意できるのかで状況は変わってきます。
まずは以下の点を明確にすることからです。

 

・誰から(借金先)からいくら借金をしているのか(債権者とそれぞれの借金総額を把握)
・毎月いくら返済にお金を回せるか(収入から生活に必要な支出を引く)

 

ということが大事になってきます。

 

一つの基準としては「現在ある借金を3年以内に完済できるかどうか」です。3年以内に完済できないケースでは支払い不能状態と判断され、自己破産に移行する可能性が高いです。

 

完済できるケースでは、任意整理や個人再生が検討されます。任意整理をするには「継続した収入」が必要です。安定した収入がない人は自己破産手続きになります。

 

「毎月まとまった返済金」が用意できるなら任意整理を引き受けてくれる可能性は高くなります。任意整理では、もし法定利息(年利18%)を上回る金利で借りていたケースでは過払い金が発生します。過払い金は元本の返済に充てることができますから大きく借金は減額されます。

 

過払い金が発生しないケースでは、あとは債権者との個々の交渉次第となります。応じてくれるかどうかは別問題として、たとえば利息を完全ストップしてもらっていまある借金を分割払いにしてもらったり、支払い期限を5年にのばして月々の返済額を抑えてもらったり、いくらまで支払ったらあとは借金免除してもらったり、しばらくの間は支払いをストップしてもらったり、などです。

 

債権者によって、たとえばA社は将来利息カットに応じるけど返済期間は3年までとか、B社は支払期限5年まで応じるとか、それぞれ異なります。

 

個別交渉によって借金の減額を図ります。多くの場合、将来利息はカットしてもらえる可能性が高いです。

 

500万円の借金では、利息は完全ストップした状態で3年、長くて5年の返済になります。将来利息カットで5年計画の場合、1カ月の返済額は約8万3千円になります。これを60回(60ヵ月)払いで完済となります。

 

※実際は6件それぞれ個別交渉していくので、もっと返済額は減る可能性があります。
※任意整理をした時の返済期間は原則3年〜5年ですが、それに無理がある場合は5年以上の返済期間で合意してもらえることもあります。その場合は1か月分の返済額はもっと少なくなります。

 

収入が十分にある人は毎月8万3千円を支払っていけると思いますが、この返済計画では難しい場合、個人再生が検討されることになります。

 

個人再生は裁判所に申立てを行うことで借金総額を1/5に減らす手続きです。借金が500万円の場合、個人再生によって借金は100万円になります。

 

弁護士費用は個人再生をする場合大体45万円〜50万円必要です。弁護士費用を足した額を3年計画で毎月支払っていくことになります。毎月の支払額は3万円〜4万円です。

 

借金が500万円のケースの債務整理

・任意整理で将来利息をカットしてもらって5年計画でのケース
支払い総額は元本500万円+弁護士費用25万円程度
→毎月の返済額は約8万3千円で60回払いで完済

 

・個人再生での3年計画でのケース
支払い総額は100万円+弁護士費用約45万円〜50万円
→毎月の返済額は3万円〜4万円で36回払いで完済

 

・自己破産のケース
→借金はゼロになる。弁護士費用(45万程度)だけを毎月支払っていく

 

このように債務者の経済状況と照らし合わせて、適切な債務整理が検討されることになります。

 

任意整理だけに絞ってしまうと「無理な返済計画」を立ててしまい、途中で返済困難になってしまいます。任意整理では2か月以上の滞納で一括返済が求められてしまいます。

 

場合によっては自己破産で借金をゼロにすることも必要になります。弁護士や司法書士と相談し、適切な借金整理を行ってもらいましょう。

 

弁護士に相談したら、自己破産を勧められました。これって正しいの?

弁護士に債務整理の相談をすると、借金総額が大きい場合、自己破産を勧められる可能性が高いです。理由は2つあります。

 

1つは自己破産の方が手続きが明確だからです。任意整理の場合は1社1社と個別交渉して折り合いをつける必要がありますから、手続きに時間がかかります。一方自己破産の場合は裁判所に申し立てをしますから、手続きが明確です。自己破産の方が弁護士側にメリットがあるのです。

 

もう1つは任意整理をしても完済できるかどうか不確定だからです。任意整理をした人の3割が途中で返済ができなくなって、自己破産に移行したというデータがあります。任意整理の場合、手続きをすると債権者からの取り立ては止まり、その後減額された借金を3年〜5年かけて毎月返済していきます。

 

滞納は2回までしか認められません。何度も滞納すると、和解契約は無効となり、一括返済を求められます。5年間も毎月決められた額支払うというのは大変なことです。途中でなにがあるかわかりませんし、失敗が許されません。

 

もし返済ができなくなると、残る手段は自己破産だけです。この場合、自己破産の費用が余計にかかってしまいます。

 

最初から自己破産をしておけば、半年程度で免責がおり、借金はゼロになります。その後生活にゆとりがでます。同じ5年でも返済してる分のお金を貯金することができます。

 

債務整理の実績がある弁護士ほど、途中で支払えなくなったケースを見てきているので、それなら最初から自己破産を勧めておいたほうがよいという判断になるのです。

 

当然借金の総額が少ない場合は任意整理で借金問題は解決できる可能性が高いです。借金総額があまりにも大きい場合、返済計画に無理がでてきます。毎月カツカツで返済に行き詰るような任意整理だけは絶対にしてはいけません。

 

任意整理をした場合の毎月の返済金額と現在の収入をしっかりと考えて、債務整理の方法を検討する必要があります。

 

任意整理と自己破産のデメリット

任意整理と自己破産のデメリットですが、任意整理のデメリットは信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が登録されることです。

 

任意整理をする前に3カ月以上の借金の滞納がない場合は、ブラックリストの期間は5年です。任意整理前に3カ月以上の借金滞納がある場合はブラックリストの期間は8年です。

 

自己破産のデメリットはブラックリスト登録されることと官報に名前が載ることです。

 

自己破産の場合は手続きを開始してから10年間(JICCは5年、KSCは10年)ブラックリストに登録されます。この期間は新しい借金(ローンを組んだり、カードを持ったり)はできません。

 

官報は一般の方が見る機会はほとんどありませんので、特に気にする必要はないでしょう。

 

任意整理の方が若干、喪明けする期間が早いです。喪明けをすると、任意整理であろうと自己破産であろうと、信用情報は空欄になりますから、債務整理が原因で審査にひっかかることはなくなります。

 

再びクレジットカードやローンを組めるようになります。

 



・債務整理(任意整理)の無料相談はこちら

関連ページ

必要書類まとめ
自動車ローン支払い中の車を手元に残して任意整理をする方法
任意整理をすると住宅ローンが残っている持家はどうなる?
任意整理をした後の生活を細かく解説!
任意整理後は携帯電話は問題なく利用できる?
任意整理をしても賃貸マンションは借りられる?
家族や知人に内緒で任意整理をする4つのポイント!
銀行のカードローンで作った借金は任意整理できる?
銀行口座が凍結となるケース!
弁護士と司法書士どちらに依頼するのがよい?
着手金無料の弁護士事務所一覧!
任意整理でクレジットカードは残せない?カードの更新は?
任意整理を利用するための条件!
任意整理はどのように和解する?和解成立までの期間は?
返済額と返済期間はどのように決定される?
任意整理後に返済が滞納して払えない場合どうすればよい?
任意整理をしても借金が減らない2つのケース!
利息分はどの程度カットしてもらえる?
任意整理と個人再生の6つの違いについて!どちらを選択?
任意整理後の滞納で自己破産に移行するケースについて
連帯保証人にはどのような影響がある?
任意整理をすると結婚できない?また結婚生活に影響する?
奨学金が返済できない場合、任意整理で解決できる?
任意整理は2回目でも問題なく行える?
無職の人が任意整理できる?収入と任意整理
長年放置している借金は時効を待つべきか?
ショッピング枠のリボ払いでの借金は任意整理できるのか?
任意整理の体験談ブログ【体験談一覧】

HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産