闇金を完済できない時の対応

借金を完済させない闇金業者の手口と正しい対応!

闇金業者というのは、名簿屋とよばれる業者から「多重債務者」「ブラックリスト入りした人」「債務整理者」のリストを買い取ります。

 

そしてそういった方にむけてメールや手紙で勧誘していくのです。そもそもお金に困っていて大手の消費者金融ではお金が借りられない人をターゲットにしています。

 

そして数万円(3万円〜6万円)を高利子で貸し付けます。たとえば5万円のトゴ(10日で5割)の金利で貸し付けます。貸付をして10日後には7万5千円になっていますから、お金に困っている人がそもそも返済できるはずがありません。

 

そこで「利息だけでいいから返済してください」といい、利息分の2万5千円だけを回収するのです。また10日後に取り立てを行い元金返済できない場合は利息だけを回収していきます。

 

これをずっと繰り返していくと大きな金額になっていきます。これが「ジャンプ」と呼ばれる闇金業者の手口です。このジャンプを繰り返して、利息分すら返済できなくなると、次は職場や家族に嫌がらせを行います。

 

本人が返済できないと、次はその周囲の人からお金を回収するのです。

 

ジャンプを繰り返す手口

闇金業者は完済をさせないために以下の手口を使ってきます。

 

・返済日間近になると連絡がとれなくなる、返済日が過ぎてから「利息分も足した金額を支払え」と要求させてジャンプを続けさせる

 

・口座番号をわざと誤って伝えられる

 

闇金業者は振込み前に事前連絡を必ず入れるようにと指示をしてきます。そして事前連絡を入れると、連絡が取れないという状態を作ります。

 

返済日を過ぎると「事前連絡が取れなかったからまた利息が発生した」といって、ジャンプを繰り返させます。またわざと間違った口座番号を指定し、正しく振りこみができなかったといちゃもんをつけて完済を阻止させます。

 

すべてはより多くのお金を回収するためです。闇金業者としてあっさりと完済されるよりもジャンプをできるだけ続けさせた方が儲けになるのです。
あの手この手で完済を阻止してきます。

 

闇金の契約は違法である

闇金の貸付の契約は違法です。トサンで年利1095%、トゴで年利1825%です。

 

こういった違法な金利は無効であり、一切返済する必要はありません。「闇金から借りたお金を返済すること」ではなく「闇金との関係を完全に断ち切ること」を考えないといけません。

 

闇金融の殆どが無登録営業を行い違法金利で貸し付けをしています。

 

これらの行為は完全に犯罪です。10年以下の懲役または3000万円以下の罰金です。闇金側もそれを知っていて、他人名義の電話番号や口座番号で身元を隠して営業をしています。

 

まずは闇金側の連絡には一切返事をしないこと、そして今後返済は一切行わない姿勢を示すことが大事です。

 

悪質な嫌がらせがある場合は闇金専門の弁護士事務所にお世話になり、司法書士さんに代理人になってもらい問題解決をします。

 

弁護士または司法書士が代理人になるとあっさり手を引く闇金業者は多いです。逮捕されるリスクをおかしてまで嫌がらせを続ける理由はないからです。

 

きちんとしかるべき方に相談をするのが一番です。

 

【無料相談OK!】最短1日でヤミ金の取り立てが止まります ≫