妻の助けで250万の借金を任意整理で繰り上げ完済【体験談】

妻の助けで250万の借金を任意整理して3年の繰り上げ完済した体験談

借金生活から任意整理を決意!自分へのけじめ

 

任意整理体験談

・性別:男性
・債務整理の方法:任意整理
・借金の原因:浪費
・借金の状況:プロミス、モビット、セゾン、JCB、総額250万円
・毎月の返済額:毎月約20万円
・任意整理後の借金:230万円(利息は一切つかない)
・任意整理後の返済:5年計画で毎月3万8千円
・司法書士費用:20万円
・その他:妻の助けがあり3年で無事完済(繰り上げ返済)

 

自転車操業に陥る

任意整理したことは高い勉強代を払ったと思っています。任意整理をしたのは20代の後半です。

 

借金額はトータルで250万ほどありました。借り入れ先はプロミス、モビット、セゾン、JCBと多重債務者で毎月の返済額は10万を超えて、かつクレジット払いでの返済もあったため総支出は20万を超えていました。

 

それでも「次のボーナスで返済しよう」と簡単に考え借り入れやクレジット決済を繰り返し、自転車操業での日々を送っていました。

 

そんな生活を送っていましたが、勤めていた会社を辞めることになり今まで得ていた収入が無くなりました。

 

辞めたすぐは退職金もあり2〜3ヶ月は返済できたのですが、退職金はすぐに底をつき次の働き口も見つからないまま過ごしていました。さすがの自分もこのままではいけないと焦り、同棲していた妻に全てを打ち明け借金をどうにかしないといけないと相談しました。

 

妻に相談し任意整理を勧められる

妻は話を聞き終わるとすぐに任意整理をしようと勧めてきました。自分は任意整理など知らず自己破産のことかと思いましたが、任意整理をすることで過払い金の返還や支払額の均等化が出来ると知り、すぐに司法書士を捜して相談をしました。

 

司法書士はすぐに見つかりました。話しを聞いてもらいどうしたらよいか尋ねると「金額的には自己破産すると後々デメリットがある。この金額であれば任意整理を行い5年程度で払えばまだ取り返しはきく」と言われ依頼をしました。

 

自己破産をすれば官報に実名が載り10年先まで借り入れや様々な契約が出来なく恐れが強い。任意整理であれば完済後5年程度でブラックリストからは名前が外れるため、再度、ローンなどの融資も受けれることも出来ると。

 

しかし、まずは働くことが大前提と言われすぐに仕事を探し始めました。任意整理を始めるにあたりクレジットカードや信販会社のカードは全て司法書士の方に預け処理を任せました。

 

ちなみに過払い金は借り入れ期間があまり長くなくほとんど無い状態で、司法書士に支払う費用は20万円でした。それでも金利停止や手続きを含めると高くはなかったのではないかと思います。

 

相談後すぐに再就職も運よく出来ました。任意整理をする事で返済への重圧は激減し心身共に楽になりました。

 

人は金銭的重圧を受けると常時お金のことしか考えることが出来ずゆとりがなくなります。自分では気が付かないかもしれませんが、周辺の人には何となく違和感を感じさせるはずです。

 

実際、妻もあの当時の私は何か焦っていたと言います。自分にはそんなつもりは無かったのですが、周囲には何かしらのサインを出していたのだと思います。

 

借金の返済も5年での計画を立てていましたが、妻の応援、助けもあり3年で完済しました。毎月の返済には妻が封筒に返済金を入れて振り込みに行ってくれました。

 

私が行くと言いましたが妻の気遣いで私にはさせませんでした。実は妻が私を疑っていたこともあり返済金で遊ばないようにと、良い意味で疑ってくれていました。それで良かったと思います。変なプライドを捨て自分が変わる機会を持てたことが自分へのけじめだと思います。

 

今現在、借金で悩んでいる方へ。何かしらのきっかけを見つけて下さい。どうにかなるだろうではどうにもなりません。

 

誰かが肩代わりしてくれるだろうと思っていませんか?誰も肩代わりしてくれません。相談するところはたくさんあります。

 

借金の肩代わりはしてくれませんが最善の方法は見つけてくれます。ちっちゃなプライドは捨てて下さい。借金の重圧が無くなると考え方、感じ方、接し方色んなことが変わってきます。

 

 

【任意整理の体験談一覧ページ】