不動産投資に失敗し不動産投資ローンを任意整理した体験談

副業に失敗し不動産投資ローンを任意整理した体験談

副業として不動産賃貸業を始めたのですが、失敗して任意整理しました

 

今回の任意整理体験談の詳細

・性別:男性
・債務整理の方法:任意整理
・借金の原因:不動産賃貸業のために借り入れ
・借金の状況:不動産投資ローン総額800万円
・毎月の返済額:約8万1千円
・任意整理後の借金:100万円(中古マンションは手放す)
・任意整理後の返済:3年計画で毎月の支払いが2万8千円
・任意整理手続き期間:4カ月
・弁護士費用:10万円

 

副業として不動産賃貸業を始める

私は民間企業に勤めるサラリーマンです。5年前に、副収入を得たいと思い、不動産賃貸業を始めることにしました。

 

そして、地方都市にある3LDKの中古マンションを、900万円で購入しました。頭金は貯金から100万円捻出し、残り800万円はオリックス銀行から不動産投資ローンで借りることができました。利息は固定金利で4%で、毎月の返済額は約8万1千円でした。

 

中古マンションを購入した時点では、借主がいる状態でしたので、毎月の賃料が9万円入ってきましたので、銀行への支払いをすると残り9000円が残りました。そこから、マンションの管理組合へ管理費や修繕積立金を支払うと、毎月約15000円の赤字となっていましたが、不動産投資ローンの返済期間は10年間ですので、完済さえすれば豊かなマンションオーナーとしての生活が待っていると思い、気楽な気持ちで日々を過ごしていました。

 

ところが、4年前に借主が退居してから、簡単なリフォームをしたあと入居者の募集をしても、まったく借主が現れません。築20年のマンションで、東向きの部屋という点もマイナス要因だったのかもしれません。

 

何度か不動産仲介会社の担当者と面談して、何とか入居者を見つけてほしいと要請したのですが、それから1年間空室状態が続きました。

 

つまり、1年間、銀行へのローン返済が毎月8万1千円に加えて、管理組合への管理費と修繕積立金の支払い負担が重くのしかかってきたのです。

 

もちろん、私の給料では、これらの金額を支払い続ける余裕はありません。そして、1回ついに不動産投資ローンの支払いを滞納してしまったのです。

 

不動産投資ローンを滞納し、法律相談所に相談をする

そこで、地元の弁護士事務所に30分間の有料相談に出向いたのでした。弁護士に相談したところ、私の収入はボーナスがなくて、毎月の給料は手取りで25万円であることから、現状での銀行への弁済は不可能と判断してもらえました。

 

そして、残りの債務が約800万円だったこともあり、「800万円ならば任意整理に応じてもらえると思う」と言っていただけました。

 

それから、正式に債務整理を専門とする弁護士を紹介してもらい、弁護士と委任整理に関する契約書を交わし、委任状を提出しました。

 

弁護士はすぐに、銀行に対して受任通知を送付し、私への支払督促をストップしてくれました。そのあと、弁護士から銀行へ、私との取引経過を示す文書の提示を請求しました。

 

そして、現状の私には不動産投資ローンを完済する能力がないことを銀行へ説明してもらい、任意整理の交渉に入っていただきました。当初は銀行側は難色を示したようですが、中古マンションの資産価値が700万円あるため、所有権を銀行に移転し、残りの債務である約200万円を半額の100万円に減額し、これを3年間の36回払いで返済することで合意しました。

 

任意整理交渉には4ヶ月かかりました。なお弁護士への成功報酬は、着手金なども含めて10万円でした。

 

任意整理後の生活

任意整理の結果、借金返済総額を100万円減額してもらいましたが、中古マンションを失いましたし、弁護士には成功報酬などで10万円支払いましたので、あまり得した感覚はありません。

 

しかし、任意整理したあとは、借金総額が100万円となりましたし、3年間の36回払いの返済ですから、毎月の返済額は約2万8千円となりましたので、ずいぶん負担感が軽減されました。さらには、中古マンションの管理組合への管理費や修繕積立金の支払いもなくなりましたから、今回の不動産投資と任意整理については、人生の良い勉強になったと考えるようにしています。

 

なお、任意整理したあとも、ふだんの生活は何も変わりません。職場の同僚や上司には任意整理したことを知られていませんし、家族との関係も安泰です。

 

ただし、任意整理が成立したあと弁護士の先生から今後5年間は新たな借金はいっさいできないと考えてくださいと言われました。信用情報機関のブラックリストに名前が登録されたからだそうです。ですから車のローンやカードローンを申し込むことはできないのです。

 

私と同様に借金返済に苦しまれている方へのアドバイスとしては、早めの対策を打つことが重要だと思います。

 

借金を返済するために、さらに借金を重ねることは避けるべきです。日本には債務整理という法律上の手続きがあります。これは、債務に苦しむ一般市民の生活を保護するための仕組みでもありますので、積極的に弁護士に相談されることをお勧めします。

 

 

【任意整理の体験談一覧ページ】