パチンコで作った210万円の借金を任意整理した体験談

パチンコで作った210万円の借金を任意整理した体験談

今回の任意整理体験談

・性別:男性
・債務整理の方法:任意整理
・借金の原因:ギャンブル(パチンコ)と浪費
・借金の状況:サラ金(アイフル、アコム、レイク、プロミス)おまとめローン総額210万円
・毎月の返済額:約5万円
・任意整理後の借金:210万円(利息は一切発生しない)
・任意整理後の返済:4年計画で月々の返済は4万4千円

 

はじめての消費者金融

大学を卒業して社会人になったばかりの春にはじめての借金をしました。借入先は消費者金融からで、たしかアイフルだったと思います。

 

実は大学時代にも一度レイクの無人契約機に駆け込んだことがあったのですが、そのときは小さい会社でアルバイトをしている程度の収入しかなかったため、審査が下りなかったのです。何故、私がこんなにも抵抗感なく借金をしたかといいますと、それは大学時代の環境にあります。

 

私は、時給が良いというだけの理由でパチンコ屋さんでバイトをはじめ、そこでどっぷりギャンブルにハマりました。

 

まわりのスタッフにもお金にルーズな人がかなりいたので、それをおかしいとも思わずに、気付けば有り金全部をスロットにつぎ込んでいるような日々でした。

 

卒業して地元に帰り、ある程度堅い仕事に就いたのですが、ギャンブルや買い物(浪費癖)は直らず、「まあ、ボーナスもあるだろうし、そのとき返せばいいや。」という軽い気持ちで借金をしました。

 

理由は、春休みで友達が帰省しており、彼らと派手に飲みたいといった感じでした。キャバクラも風俗も行きたいよな・・・と物事を自堕落だった大学の延長で考えていて、宵越しの金は持たないといったスタイルでした。

 

そんな私でもはじめて無人契約機の前に座ったときはドキドキしました。「会社と実家に在籍確認(私が所属しているかどうかの確認)をします。」と言われたときはどうなることかと思いましたが、案外、あっさりいけました。

 

とにかくお金が欲しかったので、刹那的な思考になっていて、あまり後先考える余裕がなかったのだと思います。

 

最初の借り入れは10万円でした。コンビニのATMに行けば、24時間いつでも引き出せる気軽さから、自分の銀行のキャッシュカードくらいの感覚で、とりあえず一万、いや、やっぱり3万おろすか(本当は借りているのですが)といった思考で、一ヶ月ほどで使い果たしました。

 

限度額いっぱいになった頃、アイフルの担当者から電話があり、追加の融資をしましょうか?と言われました。甘い言葉には罠があるものですが、二つ返事でお願いしました。

 

自転車操業のはじまり

アイフルの枠が30万円に達したとき、とうとう追加の融資はできないと言われてしまいました。どうしよう、この楽しい生活を維持できない!と思うと、まったなしで他の無人契約機に駆け込んでいました。

 

プロミスでした。そこから10万借り・・・増枠してもらい20万。限度額いっぱいになると次はアコム。最後はレイク、と大手消費者金融から借りまくって、1年弱で110万円になっていました。

 

このころになると給料日は返済で大忙しですし、総量規制(年収の三分の一までしか借りられない決まり)にひっかかって、追加の融資は受けられなくなりました。ここで懲りればいいのに、悪知恵ばかりが働いて、地元の銀行で「おまとめローン」を組めばいいのだ、と考えるようになりました。

 

何故かこういうときは行動力のあるタイプで、地元の銀行に「おまとめローン」を組んでもらい、消費者金融4社を解約し、銀行一本に返済していけば良い体制をつくりました。月々2万円くらいの払いだったので、そう無理はない水準でした。

 

でも、そこで止まらないのが自分の恐ろしいところです。銀行からの借り入れは、総量規制の対象外であることに気付いてしまうのです。

 

気付いてからは、すぐさま消費者金融に駆け込んでいました。プロミスでしたが、提示額は、なんと100万円!少し前に全額返済しているので、実績があると見なされました。

 

ここで生粋のギャンブラーである私は、100万を二倍にして借金をなかったことにしようと考えます。パチンコやスロットは時間効率が悪いからと競輪をはじめ、知識もないのに勝てるはずもなく、一ヶ月で100万円がゼロに・・・合計210万円の借金だけが残りました。

 

そのころ転勤した都合で一人暮らしをはじめ、まさに塩をなめるような生活がスタートしました。どうしていいのか分からない、誰にも相談できない・・・まさに自殺手前の鬱病状態でした。月の返済が5万円もあって、そのほとんどが利息でとられてしまいます。

 

生活に困り任意整理をする

現実逃避をしたくなって、またパチンコ。財布のなかは、いつも小銭ばかり。二日間ご飯が食べれないときもありました。

 

携帯電話も止められて、コンビニのwi-fiでネットをする日々。そのなかで、任意整理の存在を知りました。任意整理は自分の財産(例えば、車)を失わずに着手できると知り、これしかない!と思って、親に相談することなしにお願いをしました。

 

樋口法律事務所という名前だったと思います。電話のみでの対応でしたが、私の生活状況を事細かく話し、相談に乗っていただき、親身になって対応してくださいました。なにより任意整理に踏み切ってから、金融業者からの電話がストップしたことが幸せでした。

 

結局、利息をカットしてもらい、210万円を4年で返済していくプランを組みました。月の払いは44000円で決して楽ではないですが、なんとか払えています。

 

今、残りが120万円で、一応は終わりが見えるところまできました。確かに任意整理をすると完済後5年程度は新たな借り入れができないなどのデメリット(リスク)もあります。

 

ですが、私は20代前半で任意整理をしたことで、30代半ばになれば、ローンを組むことができるようになりそうです。20代は給料も高くない人がほとんどなので、私のような失敗をしてしまう人もいると思います。

 

そういう方は早めに第三者に相談をして、任意整理などの対応をとっていただきたいと思います。借金の問題に終わりが見えてきて、表情が明るくなってきました。これを読んでくださった方の幸せを願っています。

 

【任意整理の体験談一覧ページ】


HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産