税金払えず自殺まで考えた借金生活!男性の自己破産【体験談】

税金払えず自殺まで考えた借金生活!男性の自己破産【体験談】

命を守るための自己破産

・性別:男性
・債務整理の方法:自己破産
・借金の原因:税金と通院代と生活費
・借金の状況:アコム50万、モビット120万、カード60万、総額230万円
・自己破産後の借金:0円(−230万円)
・自己破産の手続き期間:3カ月
・弁護士費用:20万円(法テラス)
・その他:滞納している税金の免除はされない

 

滞納している税金と通院と生活費で借金生活に

私は、三年前に自己破産をしました。弁護士費用もない状況でしたから、法テラスに費用を立て替えていただき、20万かかりました。

 

最初は、自己破産をやる予定では、ありませんでした。弁護士さんのところに任意整理をしたいと相談にいきましたが、却下されました。

 

私は、正社員で、働いていたら、返済が苦しくなることもなかったのですが、会社の倒産により派遣社員になってしまい。鬱病になってしまったせいで、毎日、仕事にも行けず、収入も月7万程度でした。それを弁護士さんにお話したら、無理だと言われました。

 

鬱で、仕事ができないので、市役所に障害者年金の申込み、生活保護の相談にも行きましたが、話も聞いてくれず門前払いでした。

 

支払いの為に辛くても、やるしかない。できないなら自分の命で支払うしかない。自殺するしか方法は、ないとまで考えました。

 

借金は、アコム50万、モビット120万、出光クレジット60万でした。総額230万。この借金の使い道は、病院代や入院費、生活費、税金の支払いに使い、ギャンブルや娯楽とかには、使っていないものです。

 

税金も滞納し、相談にいったりしてましたが、役所は、サラ金に借りてでも払えとは、強く言わないですが、近いことは、言われて、税金は、自己破産でも消えないから、払いなさい。と言われ仕方なくです。

 

200万程度なら任意整理で、月10万の支払いなので、できなくもないですが、収入20万は、ないと無理です。

 

次に弁護士さんに民事再生を相談しました。手続きが、かなり大変でした。三ヶ月分の給料明細などを出しましたが、審査が通らず、却下されました。

 

民事再生でも、100万は、返済しないとならないよ。と弁護士さんには、言われてましたけど、100万の支払いなら、なんとかなると考えました。私は、一番は、民事再生をやりたかったのです。

 

ですが、民事再生は、裁判所が介入してくるので、毎月決まった収入、安定しており、会社に勤続年数も関係してくるそうです。

 

民事再生が、却下されましたから、残す手段は、自己破産申請しかありません。

 

私は、これだけは、やりたくありませんでした。借金200万程度で、でも、今の病気やら収入を考えたら、生きる手段として、これを選択するしか道は、ありませんでした。

 

弁護士さんにお願いし、すぐに手続きを、始めました。こちらは、簡単に話が進みました。私の資産を調べたり、私の手元には、20万しない車だけ残りました。

 

免責をもらえる日に、一度だけ、裁判所に足を運びました。裁判官からのエール?アドバイスみたいな話を聞いて、免責がおりました。

 

これで、税金以外の借金は、全てなくなりました。少し肩の荷がおりました。

 

自己破産した事実が、政府が、発行してます、官報荷一度、載りました。何社からヤミ金みたいな業者から、融資しますみたいな、ダイレクトメールや葉書が、届きました。

 

誘惑に負けて、借りたい気持ちにもなりますが、堪えました。ですが、自己破産したことで、返済地獄から解放された安心感と後悔とがあります。今は、デビットカードしか作れず、クレジットカードなしの生活です。

 

三年経ちましたが、auのクレジットカードに申込みしてみましたが、見事に落ちました。5年以上しないと審査に通らないんです。

 

ETCカードもないから、高速に乗るのも現金です。あと2年間は辛抱して待つしかないです。

 

車のローンも組めないので、乗り換えもできないですし、携帯を買うのでも、審査があるので、新規一括購入は厳しいかもです。命を守る為に、やった自己破産ですが、カードを作ったりローンを組めないのがつらいです。

 

 

【自己破産の体験談一覧ページ】