任意整理をすると住宅ローンが残っている持家はどうなる?

任意整理をすると住宅ローンが残っている持家はどうなる?

任意整理では住宅ローンを対象から外すことができる

任意整理では債権者(お金を貸した人)を自由に選択し、選択した借金先だけを任意整理することができます。

 

返済中の住宅ローンがある場合、それを対象から外すことで、ローン支払い中の持ち家は取り上げられることはありません。

 

ただし、この場合、住宅ローンの支払いは今まで通り行う必要があります。住宅ローンの支払いはそのままで、他の借金は任意整理をして減額し、それを3年計画で返済していくになります。

 

※住宅ローンは任意整理の対象から外されるので、住宅ローンの減額はありません。

 

収入が十分になく、住宅ローンの支払いに加え、任意整理で減額した他の借金も返済していけないケースではほかの債務整理を検討する必要があります。

 

任意整理でのデメリットは「ブラックリストに登録される」だけですから、できるなら任意整理で借金整理したいはずです。

 

住宅ローンありの任意整理では「住宅ローンの毎月の支払い」+「任意整理で減額した借金を3〜5年で分割払い」ということが必要なのです。

 

通常の任意整理に比べ、負担は大きいです。任意整理で他の借金をどれだけ減額できるのかがポイントになります。

 

任意整理では将来利息はカットし、今ある借金を単純に36分割して毎月支払うという形が多いです。利息は発生しませんので、毎月の支払額は大きく減ります。

 

あとは返済期間を3年から5年に延長してもらえることもあります。そうすれば毎月の返済額は小さくなります。これらの借金整理をし、住宅ローンを合わせた返済額を支払っていける場合は任意整理も可能です。

 

個人再生でも住宅ローンありの持家を手元に残せる

住宅ローン支払い中の持家を残しながら債務整理する方法には任意整理と個人再生があります。

 

上記で説明した任意整理の返済計画では返済が難しい場合、個人再生を検討します。個人再生の「住宅ローン特則」という制度を利用することで住宅ローンを個人再生の対象から外し、そのままにすることができます。

 

個人再生をすると借金は1/5カットされます。例えば、借金総額が500万円の場合、100万円まで借金が減ります。この100万円を3年計画の36回払いをしていくことになります。

 

※住宅ローンは減額されません。住宅ローンの返済額は今までと変わりません。

 

毎月の支払額は約2万7千円ですね。この支払額に加え、住宅ローンの支払いは従来通り続けていくことになります。個人再生をすると任意整理をするより大きく借金を減らせます。

 

ただしデメリットとしては、裁判所を介する手続きになりますので、判決が官報により公告されます。官報とは政府が発行している新聞のようなものですが、そこに名前が載ることになります。

 

ただし個人再生や官報といった言葉は馴染みがなく、閲覧できる場所も限られているので、一般の方に知られる可能性は極めて低いです。

 

裁判所の手続きですので、確実に借金が大幅に減るのですが、こういったデメリットはあります。

 

「住宅ローンが残っている持家」を残しながら借金整理をする方法は任意整理か個人再生どちらかしかありません。債務者の経済状況と照らし合わせて、実行可能な方法を検討します。

 

個人再生とは?個人再生のメリットとデメリット!
住宅ローンを残したまま個人再生できる「住宅ローン特則」とは?

 

任意整理と住宅ローンまとめ

・住宅ローンが残っている持家を手元に残して債務整理をする方法は「任意整理」か「個人再生」どちらかしかない

 

・任意整理は将来利息をカットできる。3年計画36回払いの場合、今ある借金を単純に36分割した額を毎月支払っていく。それに加え住宅ローンは今まで通りの支払いを続ける

 

・個人再生では今ある借金が1/5まで減額され、それを3年計画36回払いで毎月支払っていく、それに加え住宅ローンは今まで通りの支払いを続ける

 

・専門家と相談し、債務者の経済状況と照らし合わせて、任意整理か個人再生どちらかを返済していけそうな方法を選択する

 



・債務整理(任意整理)の無料相談はこちら

関連ページ

必要書類まとめ
自動車ローン支払い中の車を手元に残して任意整理をする方法
任意整理をした後の生活を細かく解説!
任意整理後は携帯電話は問題なく利用できる?
任意整理をしても賃貸マンションは借りられる?
家族や知人に内緒で任意整理をする4つのポイント!
銀行のカードローンで作った借金は任意整理できる?
銀行口座が凍結となるケース!
弁護士と司法書士どちらに依頼するのがよい?
着手金無料の弁護士事務所一覧!
任意整理でクレジットカードは残せない?カードの更新は?
任意整理を利用するための条件!
任意整理はどのように和解する?和解成立までの期間は?
返済額と返済期間はどのように決定される?
任意整理後に返済が滞納して払えない場合どうすればよい?
任意整理をしても借金が減らない2つのケース!
利息分はどの程度カットしてもらえる?
任意整理と個人再生の6つの違いについて!どちらを選択?
任意整理後の滞納で自己破産に移行するケースについて
連帯保証人にはどのような影響がある?
任意整理をすると結婚できない?また結婚生活に影響する?
奨学金が返済できない場合、任意整理で解決できる?
任意整理は2回目でも問題なく行える?
無職の人が任意整理できる?収入と任意整理
借金総額が500万円の場合、任意整理が最善策?自己破産?
長年放置している借金は時効を待つべきか?
ショッピング枠のリボ払いでの借金は任意整理できるのか?
任意整理の体験談ブログ【体験談一覧】

HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産