着手金無料で任意整理を受ける

任意整理を弁護士費用の「着手金」とは?着手金無料のメリット

任意整理の弁護士費用の種類

「着手金」とは、任意整理を受けるにあたって最初に必要なお金です。任意整理の着手金の相場は一件当たり3万円から4万円が必要です。

 

任意整理の弁護士費用には3つありまして、「相談料」「着手金」「成果報酬」です。

 

「成果報酬」は、効果があった場合には効果があった分について報酬が必要になってきます。たとえば成果報酬が減額の10%、過払い金は20%のケースで説明します。

 

例えば100万円あった借金が50万円くらいに減りましたという場合には、50万円得しているわけです。その得している50万円の10%が成果報酬ですから、5万円これが報酬になってきます。

 

そして場合によっては、過払いと言いまして長い事取引をしている場合には逆に消費者金融とかに対してお金を返せという請求をする事ができる場合があります。

 

その場合には、返ってきたお金の20%が成果報酬です。もし仮に100万円を取り返す事が出来ましたらその100万円の20%ですので、20万円ということになります。

 

弁護士費用の相場は以下の通りです

 

弁護士費用の相場

・相談料→30分5000円or初回無料
・着手金→3万円〜4万円(着手金無料の事務所もある)
・成果報酬→減額分の10%〜20%(過払い金は回収分の20%〜30%)

 

任意整理で着手金無料の意味

相談料や着手金がかからない事務所に依頼すると、一時金としてお金を用意する必要がなくなります。任意整理を検討しようか考えている人の多くは「お金に困っている」はずです。

 

依頼前にまとまったお金を用意するのが困難な人がいます。そういった方は「相談料無料」「着手金無料」の事務所を選ぶとよいです。

 

完全成果報酬の事務所は効果があった分だけ分割払いで支払いとなります。まずは任意整理をして借金の減額や将来利息のカットを行い、金銭的に余裕が出てはじめて、弁護士費用に充てることができます。

 

以下に債務整理に強く、相談料と着手金無料の弁護士をまとめたので参考にしてみてください。

 

着手金無料の弁護士一覧

・弁護士法人サルート

 

・樋口総合法律事務所



・債務整理(任意整理)の無料相談はこちら

関連ページ

必要書類まとめ
自動車ローン支払い中の車を手元に残して任意整理をする方法
任意整理をすると住宅ローンが残っている持家はどうなる?
任意整理をした後の生活を細かく解説!
任意整理後は携帯電話は問題なく利用できる?
任意整理をしても賃貸マンションは借りられる?
家族や知人に内緒で任意整理をする4つのポイント!
銀行のカードローンで作った借金は任意整理できる?
銀行口座が凍結となるケース!
弁護士と司法書士どちらに依頼するのがよい?
任意整理でクレジットカードは残せない?カードの更新は?
任意整理を利用するための条件!
任意整理はどのように和解する?和解成立までの期間は?
返済額と返済期間はどのように決定される?
任意整理後に返済が滞納して払えない場合どうすればよい?
任意整理をしても借金が減らない2つのケース!
利息分はどの程度カットしてもらえる?
任意整理と個人再生の6つの違いについて!どちらを選択?
任意整理後の滞納で自己破産に移行するケースについて
連帯保証人にはどのような影響がある?
任意整理をすると結婚できない?また結婚生活に影響する?
奨学金が返済できない場合、任意整理で解決できる?
任意整理は2回目でも問題なく行える?
無職の人が任意整理できる?収入と任意整理
借金総額が500万円の場合、任意整理が最善策?自己破産?
長年放置している借金は時効を待つべきか?
ショッピング枠のリボ払いでの借金は任意整理できるのか?
任意整理の体験談ブログ【体験談一覧】

HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産