任意整理とクレジットカード

任意整理後何年クレジットカードは持てない?すぐ使えなくなる?

任意整理後何年クレジットカードは持てない?

任意整理は通常、弁護士に依頼してすぐに受任通知を送ります。その受任通知が送られたら貸金業者は信用情報機関に事故情報を登録します。

 

登録されてから5年間は事故情報(ブラック情報)は消えません。ですから、任意整理をスタートした(弁護士に依頼した時)から数えて5年間はクレジットカードは持てません。

 

ただし、信用情報機関によっては、任意整理前に3カ月以上滞納していた場合には任意整理後の返済完了してから登録するケースがあり、必ずしも5年とはいえません。

 

任意整理の返済期間が3年であれば、3年で完済し、そこから5年間は事故情報が残る計算になります。

 

3年+5年=8年

 

ようするに最短で5年間でブラック情報は抹消されます。任意整理前に借金滞納を続けていたケースでは抹消されるまで最長で8年間かかるケースもあります。任意整理をスタートしてから5年間〜8年間はクレジットカードは作れないと覚えておいてください。

 

5年たっても審査に落ちてしまう方は、最長で8年間まで待てば、晴れてブラックリストが解除されクレジットカードやキャッシング、カードローンが作れるようになります。

 

クレジットカードを借りる前に情報開示を行う

信用情報機関の事故情報さえ抹消されれば、過去に任意整理をしたことが、カード会社に知られることはありませんから、その面での審査に落ちることはなくなります。

 

信用情報機関にはCIC、JBA、JICCという3つの種類があります。それぞれはCRIN(クリン)と呼ばれるネットワークで繋がっており、一つ登録されると他の機関すべてにブラック情報が共有されます。

 

任意整理をしてから数年が経ち、いま自分がブラックリスト登録されているかどうか確認するには、それぞれ3つの信用情報機関から情報開示をし、確認するとよいです。

 

申込書と本人確認書(免許書など)を提出し、手数料500円を支払えば、「現在事故情報が登録されているかどうか」見ることができます。

 

3つ信用情報機関のうち、クレジットカードが照合するのは「JICC」「CIC」の2つです。クレジットカードだけでしたらこの2つの情報開示をすればよいでしょう。

 

「JICC」と「CIC」からブラックリスト解除されれば、クレジットカードを新規作成できます。クレジットカードの審査を受ける前に「JICC」と「CIC」の情報開示をして、ブラック状態を確認しておくとよいでしょう。

 

3つ信用情報機関の事故情報と情報開示の方法はこちら

 

社内ブラックになったカード会社からは再度カードを借りることはできない

過去に任意整理をしたことがあるカード会社には、そのデータが半永久的に残ることになります。

 

この場合、信用情報機関から事故情報が消えたとしても、そこの会社内部で保管された「社内ブラック」のデータは消えないので、審査に通りません。

 

以前任意整理したことがあるカード会社からは再度クレジットカードを作ることは困難です。

 

任意整理をするとすぐにカードは使えなくなる?

任意整理の対象に入れたクレジットカードに関しては、弁護士事務所に提出し、弁護士がその場でハサミでカードを切ってカード会社に郵送します。

 

任意整理の対象に入れた場合、そのカードはすぐに利用でできなくなります。任意整理の対象に入れていないクレジットカードですが、自ら任意整理をしたと伝える義務はありませんので、当分はそのまま利用ができます。

 

ただし、任意整理をするとブラックリスト入りするというのは前述した通りですが、カード会社は定期的にお客さんの信用情報をチェックしています。

 

この定期チェック(与信の確認)が行われると任意整理したことが知られるので利用停止となります。解約通知が送られてくることになります。

 

また、クレジットカードには使用期限が設けてあり、カードの更新時には必ず再度信用情報の確認をします。そこで解約となってしまいます。

 

家賃や公共料金をクレジット支払いに指定しているケースは支払い方法変更しておく

クレジットカードを任意整理の対象に入れる場合、クレジットカードは使えなくなります。

 

任意整理をする前にもし「家賃や公共料金などクレジットカード支払い」にしているケースでは支払い方法を変更するようにします。

 

家賃の支払いをクレジット払いにしている人は事前に不動産業者や家主に連絡し、家賃の支払いをクレジットカード支払いから銀行振り込みなどに変更しておく必要があります。

 

家賃だけではなく、電気や水道、ガスといった光熱費や携帯電話料金の支払いをクレジットカード払いにしている場合にも事前に銀行振込みに変更しておきます。

 

支払い方法の変更は銀行振込みやコンビニ支払、VISAデビットカード支払いなどがあります。

 

支払いに関しては「VISAデビットカード」が便利です。VISAデビットカードとは、銀行口座と連動しており、カードの支払いをすると口座の残高内で即引き落としとなります。

 

口座の残高内までしか支払いができないため、借金をする恐れはありません。任意整理をしていても、預金口座さえあればだれでも持つことができます。

 

VISAデビットカードはVISAクレジットカードと全く同じように使えます。違いとしては、クレジットカードはカード会社が一旦お金の立替をして後日請求するシステムで、デビットカードは単純に預金口座のお金を即引き落として支払うというシステムです。

 

※VISAデビットカードに関してはこちら

 

任意整理後に「なんでカードを持っていないの?」と聞かれたら

社会人がクレジットカードを持っていないと「なんで持っていないの?」と聞かれることがあります。そういった場合、素直に任意整理をしたなんて言うと世間体が悪いです。

 

そういった場合の「クレジットカードを持たない理由」について、です。

 

「1度カードを落としてしまい、不正使用されて裁判沙汰になって以来トラウマになった」など、理由付け自体はいくらでもあると思います。

 

ただし、あまりにリアルティがあるとかえって色々と突っ込まれて質問される可能性もあります。そういった場合精神的な負担も大きいです。

 

なんでクレジットカード持たないのかと聞かれたら素直に「現金主義でクレカ持ち歩くの怖いから」「借金をしたくないからVISAデビットカードを代用している」といった回答で十分でしょう。

 

「金銭感覚がおかしくなるのが嫌だから現金払いにしている」と言えば、それ以上突っ込まれませんし、多くの人はそこに深い意味があるなんて考えません。

 



・債務整理(任意整理)の無料相談はこちら

関連ページ

必要書類まとめ
自動車ローン支払い中の車を手元に残して任意整理をする方法
任意整理をすると住宅ローンが残っている持家はどうなる?
任意整理をした後の生活を細かく解説!
任意整理後は携帯電話は問題なく利用できる?
任意整理をしても賃貸マンションは借りられる?
家族や知人に内緒で任意整理をする4つのポイント!
銀行のカードローンで作った借金は任意整理できる?
銀行口座が凍結となるケース!
弁護士と司法書士どちらに依頼するのがよい?
着手金無料の弁護士事務所一覧!
任意整理でクレジットカードは残せない?カードの更新は?
任意整理を利用するための条件!
任意整理はどのように和解する?和解成立までの期間は?
返済額と返済期間はどのように決定される?
任意整理後に返済が滞納して払えない場合どうすればよい?
任意整理をしても借金が減らない2つのケース!
利息分はどの程度カットしてもらえる?
任意整理と個人再生の6つの違いについて!どちらを選択?
任意整理後の滞納で自己破産に移行するケースについて
連帯保証人にはどのような影響がある?
任意整理をすると結婚できない?また結婚生活に影響する?
奨学金が返済できない場合、任意整理で解決できる?
任意整理は2回目でも問題なく行える?
無職の人が任意整理できる?収入と任意整理
借金総額が500万円の場合、任意整理が最善策?自己破産?
長年放置している借金は時効を待つべきか?
ショッピング枠のリボ払いでの借金は任意整理できるのか?
任意整理の体験談ブログ【体験談一覧】

HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産