任意整理をするには弁護士と司法書士どちらがよい?

任意整理は弁護士と司法書士どちらに依頼するのがよい?

任意整理を専門家に依頼する時「弁護士」に依頼すればよいのか、「司法書士」に依頼すればよいのか迷うと思います。

 

今回は任意整理における弁護士と司法書士の違いについて解説していきたいと思います。

 

任意整理における弁護士と司法書士の違いは大きく分けて以下の2点です。

 

・弁護士は債権額に上限はないが、司法書士は140万円以上の債権は代理人となって任意整理できない
・任意整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安いケースが多い

 

1社あたりの借金額が140万円を超える場合は司法書士は代理人となって任意整理できない

最高裁平成28年6月27日判決により、司法書士は、債権額が140万円以下のケースに限って、任意整理を行えるようになりました。

 

司法書士は簡易裁判所での訴訟活動に限定されるため、140万円以上の過払い金返還の見込みがある場合は手続きができません。

 

ただしこの140万円までというのは1社あたりの借金額です。任意整理の対象にしているの借金の総額ではありません。

 

たとえば、A社から120万円の借金、B社から70万円の借金、C社から50万円の借金があり、それらすべての任意整理する場合、借金総額は140万円を超えていますが、「個別の債権額(借金額)」が140万円を超えていないので、この場合は司法書士が代理人となって任意整理可能です。

 

また、A社に対する種類の違う債務が二口あるという場合(たとえば、銀行保証分とカードローン分の二口あるという場合)についても、それぞれの債権額が140万円以下であれば、両方とも代理できるということになります。

 

一方、弁護士の場合は、1社あたり借金額に制限はないので、140万円を超える借金でも任意整理の代理人となることができます。

 

弁護士費用は司法書士の方が安いケースが多い

弁護士費用ですが、着手金が弁護士の方が司法書士に比べ1.5倍〜2倍ほど高いケースが多いですが、報酬金は減額した額の10%〜20%と、両者違いはありません。

 

任意整理の費用費用は、基本的に、1件4万円プラス消費税、過払い金回収報酬は、回収額の10%から20%ですが、司法書士と弁護士で大きな差はありません。

 

着手金の面で若干司法書士が費用が安いケースが多いです。

 

任意整理から自己破産に移行するケースもある

任意整理は引き直し計算をした金額を3年(36回支払い)で返済していくのが通常です。そういった意味で任意整理の和解成立後も「継続的に返済を続ける」必要があるのです。

 

任意整理で減額をしても、途中で返済ができなくなって、任意整理に失敗するケースがあります。途中で支払えなくなったら、借金は残りますから、自己破産に移行するしかありません。

 

任意整理で明らかに無理のある返済計画を立ててしまうと、破たんしてしまうことがあるのです。自己破産の場合、司法書士より弁護士に依頼した方が有利です。司法書士は書類の作成はできますが、裁判所に代理人となって手続きすることはできません。弁護士はすべての業務を行えます。

 

万が一自己破産に移行するケースも考えると、弁護士に依頼した方がよいと言えます。

 

結局弁護士と司法書士どちらに依頼すればよいのか?

任意整理を行うと決めており、安定した収入があり、1社あたり借金額が140万円を超えていない場合は、司法書士に依頼するとよいでしょう。司法書士の方が費用は安いです。

 

1社あたり借金額が140万円を超えているケースや、任意整理だけではなく自己破産も視野に入れて債務整理を考えている人は弁護士に依頼するのが無難です。

 



・債務整理(任意整理)の無料相談はこちら

関連ページ

必要書類まとめ
自動車ローン支払い中の車を手元に残して任意整理をする方法
任意整理をすると住宅ローンが残っている持家はどうなる?
任意整理をした後の生活を細かく解説!
任意整理後は携帯電話は問題なく利用できる?
任意整理をしても賃貸マンションは借りられる?
家族や知人に内緒で任意整理をする4つのポイント!
銀行のカードローンで作った借金は任意整理できる?
銀行口座が凍結となるケース!
着手金無料の弁護士事務所一覧!
任意整理でクレジットカードは残せない?カードの更新は?
任意整理を利用するための条件!
任意整理はどのように和解する?和解成立までの期間は?
返済額と返済期間はどのように決定される?
任意整理後に返済が滞納して払えない場合どうすればよい?
任意整理をしても借金が減らない2つのケース!
利息分はどの程度カットしてもらえる?
任意整理と個人再生の6つの違いについて!どちらを選択?
任意整理後の滞納で自己破産に移行するケースについて
連帯保証人にはどのような影響がある?
任意整理をすると結婚できない?また結婚生活に影響する?
奨学金が返済できない場合、任意整理で解決できる?
任意整理は2回目でも問題なく行える?
無職の人が任意整理できる?収入と任意整理
借金総額が500万円の場合、任意整理が最善策?自己破産?
長年放置している借金は時効を待つべきか?
ショッピング枠のリボ払いでの借金は任意整理できるのか?
任意整理の体験談ブログ【体験談一覧】

HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産