債務整理の弁護士費用の相場 

債務整理の弁護士費用の相場

債務整理とは、自分では解決できない借金の悩みを弁護士に依頼することで借金を解決する総称のことで、細かい手続きとしては、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあります。

 

今回は3つの債務整理のそれぞれの費用の相場について解説していきます。

 

任意整理の相場

1社あたり4万〜6万+減額した金額の10%

任意整理の費用は基本的に1社あたりで計算されます。費用の相場は着手金が1社あたり2万〜3万です。成功報酬も 1社につき2万〜3万です。

 

さらに減額報酬が減額した金額の10%かかります。たとえば任意整理で150万円の借金が100万円に減額された場合、50万円得しているわけですから、この減らした額の10%で5万が弁護士費用に充てられます。この場合トータル、4万〜6万+減額報酬5万で合計10万弱かかります。

 

中には着手金が不要だという事務所もいますが、その場合、成功報酬で多くとられるので注意が必要です。

 

個人再生の相場

合計50万〜60万程度

個人再生は着手金が20万〜30万、成功報酬が30万程度です。
弁護士に個人再生を依頼すると総額で平均50万〜60万前後の費用がかかることになります。

 

自己破産の相場

合計40万〜60万円

まず申立時の着手金として20万〜30万かかり、免責をうけたときに報酬金としてほぼ同額を払うというのが通常です。
免責を受け、完全に借金免除になるまでの手続き全体で合計40万〜60万円が弁護士への支払いになります。

 

債務整理の費用の詳細はこちら

 

弁護士費用の種類と支払いシステム

「弁護士に債務整理を依頼したら全部でいくらかかるのか」これは大きな関心ごとです。債務整理をする時、2種類の費用が発生します。「弁護士費用」と「実費」です。

 

「実費」とは弁護士費用とは別の料金です。債務整理を行う際にかかる郵便切手代や印紙代、交通費、通信費用などです。実費はトータルでも数千円〜1万円程度で、弁護士費用に比べて大きな額ではありません。

 

弁護士費用

債務整理の弁護士費用は主に「着手金」と「成功報酬」の二つで成り立っています。

 

着手金は、弁護士が扱う債務整理は相手方があることですから成功、不成功はつきものですが、その結果にかかわらず弁護士が手続きを進めるために債務整理を着手するときに支払うお金です。

 

たとえば任意整理ですと貸金業者によってどの程度減額できるのかは違ってきます。自己破産の場合でも免責されるかどうかは最終的に手続きを進めてみないとわからない部分もあります。

 

前例に成功例があるからといって、それ通りやればすべてが解決するわけではありません。

 

一方、弁護士としても、債務整理を引き受けた時から解決を目指し時間をかけて手続きをしているのは事実なので、その見返りとして契約前にいただくお金が「着手金」です。

 

契約を交わす際の前払いの「契約金」のようなものです。

 

成功報酬は、債務整理が成功した時に、その程度に応じて支払う報酬のことです。もちろん成果があがった時に分け前として支払うお金なので、依頼者が何も利益を得ていない時に請求されることはありません。

 

このように弁護士費用は前払いとしての「着手金」と後払いとして成果に応じて支払う「成功報酬」の二本立てで成り立っています。

 

債務整理後の返済と弁護士費用の支払い

任意整理には3種類、任意整理と個人再生、自己破産がありますが、任意整理と個人再生は債務整理をした後でも、減額された借金を貸金業者へ返済していかなければいけません。

 

自己破産は免責を受けると借金は全額免除されるので、その後の支払いは一切必要ありません。なので免責がおりた後は弁護士費用だけを分割払いしていくことになります。

 

一方、任意整理や個人再生をした場合、債務整理完了後に、利息や過払い分をカットした借金や裁判所の力で強制的に減らした借金(借金総額の1/5)を支払い続ける必要があります。

 

債務整理を専門家に依頼するとまずは受任通知が送られます。この受任通知を各債権者に送ると、これまでの取り立ては完全に止まります。

 

受任通知を送ってから手続きが終わるまでの期間(3カ月〜半年)は借金の返済がストップしますので、その間に弁護士費用を積み立てていくことになります。

 

そして任意整理で和解が成立したり個人再生手続きが完了して支払いが再開されると、「減額された借金」と「弁護士費用」を支払っていきます。専門家に依頼することで弁護士費用を含めた無理のない返済計画を立ててくれます。

 

積み立てられなかった費用に関してはその後分割支払いをすることになります。

 

弁護士費用の返済時期や分割払いに関しては事務所のほうも十分考慮してあるので、安心して相談をしていきましょう。

 

任意整理をすると、月々の支払が弁護士費用込みで債務整理前よりも高くなることってありますか?

ありえます。過払い金が少ないケースやそもそも利子が低く設定されてある業者に任意整理をしても減額される借金が少なく、弁護士費用のほうが多くかかることがあります。

 

その場合、弁護士のほうで予め任意整理をしないほうがよいと説明があるでしょうし、契約前の見積もりは判断材料の一つですから、その条件で契約したくなければ、無料相談の時点で断ればよいです。

弁護士と司法書士の料金の違い

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合に支払う報酬については、現在自由化されているので、各事務所によってまちまちです。それぞれ債務整理の腕も絡んでくるので、一概に安ければいい、または高ければいいというわけではありません。

 

借金相談の相場は30分5,000円ですが、現在は無料相談をしている事務所が増えました。

 

まずは無料相談をしてみて、自分に合った事務所探しをすればよいでしょう。できるだけ近場のほうが面談や手続きを進めやすくなります。

 

なお弁護士と司法書士の違いですが、弁護士は債務整理の手続きをすべて代理人として行うことができます。

 

一方、司法書士は過払い金回収の限度額が140万円であったり、自己破産時に裁判に同席できないなど代理人としての業務に制限があります。ただし報酬は弁護士のものよりも5万〜10万ほど安く設定されてあります。

 

過払い金をとりもどす裁判の場合、30%は140万円を超えています。つまり、司法書士に依頼した場合、本人訴訟になります。

 

ただしその場合、司法書士と綿密に打ち合わせをし、予想される裁判官や書記官からの質問の対策などをアドバイスしてもらえます。提出書類は司法書士のほうで作成してもらえます。

 

手続きをしっかりサポートしてもらえますが、「本人訴訟」になる可能性があるのが、司法書士の欠点です。

 

一長一短ありますから、まずは相談をしてみて、自分の借金状態に合った専門家を選ぶのがよいでしょう。

 

まとめ

・料金システムは前払い(着手金)と後払い(成果報酬)の二本立て

 

・弁護士費用は無理のない金額で当面分割払いが可能

 

・任意整理の相場は1社あたり4万〜6万+減額した金額の10%

 

・個人再生の相場はトータル50万〜60万程度

 

・自己破産の相場はトータル40万〜60万円程度

 

債務整理に関する記事

・厳しい消費者金融の取り立てを止める方法!

 

・夜逃げで借金はリセットできるのか?夜逃げ後の生活ついて

 

・借金地獄から脱出するたった一つの方法!

 

・取引履歴の請求方法【家族に知られず請求する方法】

 

・債務整理をするとローンやクレジットは何年利用できないの?

 

・債務整理をすると連帯保証人には迷惑がかかるのか?

 

・ギャンブルで作った借金でも債務整理できるのか?

 

・債務整理中のブラック期間でも利用できるカード【楽天VISAデビットカード】

 

・債務整理情報まとめと体験談

 

・クレジットカードで作った借金でも債務整理できる?

 

・自動車ローン支払い中の車を手放さないで、債務整理をする方法!

 

・住宅ローン支払い中のマイホームを守りながら債務整理する方法!

 

・長年放置した借金は時効を待った方がよいのか?債務整理した方がよいのか?

 

・債務整理をすると入居審査は厳しくなる?【引っ越しと債務整理】

 

・任意整理の和解成立後の返済期間は?

 

・任意整理で借金を一括返済するメリットと信用情報への影響

 

・返済が滞ってできた遅延損害金は任意整理でカット可能か?

 

・任意整理が周囲にバレる可能性のある5つの事柄と対策方法!

 

・自己破産が家族・職場にバレる9つの事柄と対策方法【官報について】

 

・自己破産した場合の家族への影響



・債務整理(任意整理)の無料相談はこちら


HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産