クレジットカード キャッシング 債務整理

クレジットカードで作った借金でも債務整理できる?

カード会社によって年利は違いますが、クレジットのキャッシングの金利は15%〜18%が相場です。

 

利息制限法で定める年利は上限が18%で、クレジットカードの利息は利息制限法の枠内に収まっています。

 

ですから、任意整理をしても過払い金が発生せず、元本が減らないのではないか?と思うかもしれません。

 

金利の引き直しによる借金の減額ができないクレジットの場合、債務整理(任意整理)はできないのでしょうか。

 

実際はそんなことはありません。すべての人に適用するかどうかは別ですが、とにかく専門家に相談する価値は十分にあります。

 

債務整理には3種類ある

債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の総称です。3種類あります。
・任意整理・・・弁護士が代理人となって各債権者(貸し主)と話し合って、借金の負担を軽くして返済していく方法

 

・個人再生・・・裁判所に申し立てて、借金を5分の1にカットしてもらう方法

 

・自己破産・・・裁判所に破産手続きの申し立てをして、借金をゼロに戻す方法。債務者が支払い不能(返済能力がない)と判断されれば、免責が下りる

任意整理の場合、どの程度減額できるかは債権者との話し合いで決まります。元本が多額だと年利18%でも返済していくのはキツイと思います。

 

任意整理をすることで将来利息をカットしてもらえる可能性があります。利息がストップするわけですから、それだけで返済スピードが格段にあがります。

 

カード会社からしたら、自己破産をされて借金が全く回収できないよりは、とりあえず元本だけでも回収したほうがよいと考え、利息のカットをしてもらえる可能性があります

 

もし、任意整理がダメでも、個人再生や自己破産があります。自己破産は、いまある財産をすべて債権者に差し出す代わりに、借金をすべてゼロにすることができる制度です。

 

債務整理の切り札で、借金をリセットする方法です。

 

「自己破産」という言葉は響きが悪く、抵抗を感じる方もいらっしゃいますが、破産をしても普通の生活を続けることができます。

 

一般人が破産しても、周囲にその事実が知られることはありません。自己破産は借金に苦しんでいる人が、今ある借金をすべてリセットして、人生の再スタートができる制度なのです。

 

ショッピングでのカードの使い過ぎでも自己破産できる?

自己破産をするのに、「免責不許可事由」という項目が存在し、この項目にひっかかると自己破産することを認められません。

 

「ギャンブル」や「浪費」は免責不許可事由にあたります。つまり、原則として、クレジットカードの使い過ぎによる浪費が原因で借金を作った場合、自己破産をすることができません。

 

一方で、自己破産の条件に「裁量免責」という項目があり、免責不許可事由が存在するときでも、裁判所は必ず免責不許可決定をしなければならないわけではなく、破産に至った経緯その他一切の事情を考慮して、免責を決定することになっています。

 

つまり、ショッピングが原因でできた借金がある場合、自己破産をすることが基本的にできませんが、その人が現在置かれた状況や態度によって裁判官が最終判断を下します。

 

ショッピングによる浪費も、生活を反省し、改善の見込みがあると判断されれば、自己破産が認められるケースもあります。

 

また、カードの使い過ぎがそもそもの原因であっても、その返済のために消費者金融から借金を重ねて多額の負債を負ったような場合でしたら、免責が下りる可能性があります。

 

自分の経済状況と借金状況にマッチした債務整理を行うのが基本ですが、素人がそれを判断するのは難しいです。まずは法律事務所に無料相談することが好ましいです。

 

「クレジットの利息は低いから債務整理をしても無駄だ」「浪費が原因だと自己破産が認められるわけない」と決めつけないで、無料相談の中でプロに判断してもらって、見積もり額で債務整理をするかどうか決めればよいでしょう。

 

債務整理をすると今使っているクレジットカードは利用できない?

債務整理をすると、信用情報にブラックリストとして登録されます。

 

任意整理ですと5年、個人再生と自己破産だと7年〜10年はブラックリストが消えないので、その期間は新たなクレジットカードを作ることはできません。

 

いま現在使っているクレジットですが、債務整理をしてブラックリスト入りしたとしても、カード会社は毎日全ての顧客の信用情報をチェックしているわけではありません。

 

したがって、クレジットカードは、信用情報チェックがなされるまで、しばらく使える場合が多いです。ただし、カードの更新がされる時には、どんなカード会社でも信用情報ぐらいチェックするので、更新は無理でしょう。

 

滞納をしているクレジットは「借金」ですから、債務整理の対象となりすぐに使えなくなります。滞納していないクレジットも、ブラックリスト入りがカード会社に知られることでいずれ使えなくなります。

 

稀にチェックの甘いカード会社がありますが、債務整理をすると基本的に「クレジットカードは使えない」と思っておいた方がよいでしょう。

 

カードは使えなくなるので、公共料金やプロバイダ代などカード決済のものがあったら他の支払い方法に切り替える必要があります。

 

※任意整理してもカードがまたすぐ使えるようになるというケースもありますが、基本的に当分はカードが使えないと思っておいた方がよいです。
仕事でどうしても使う人などは、専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

債務整理後、何年経てばクレジットカードを持てますか?

各信用情報機関はブラック情報を任意整理の場合5年間、個人再生と自己破産の場合7年〜10年、保存開示します。

 

また、債務整理を行った貸金業者や金融機関、カード会社では、無制限に顧客の情報を保存しています。

 

債務整理を行った業者からは、再びサービスを利用することは難しいです。しかし、その他のカード会社でしたら5年以上待てば、サービスを利用することができます。

債務整理をすると家族もクレジットカードが使えなくなる?

基本的にそのようなことはありません。
債務整理をすると個人信用情報に事故情報が登録されるので、本人は一定期間クレジットが利用できなくなります。
しかし、ご家族の信用情報には何も影響がないので、本人の家族がクレジットを使えなくなる、という事はありません。

任意整理でクレジット1社だけ対象から外すと、利用し続けられる?

前に説明した通り、任意整理の対象からクレジットカードを外しても、カード会社は定期的に信用情報をチェックしているため、事故情報(ブラックリスト)が知られると、そのカードは更新されずに解約となります。
光熱費など生活費の自動引き落とし用に1枚クレジットカードを残しておきたいと考えている方もいます。
そのような方は債務整理中でも利用できる「デビットカード」に登録し、支払い方法を切り替えていけばよいでしょう。

債務整理中はデビットカードを利用しよう

楽天銀行

 

やはり、公共料金の支払いや家賃の支払いなど生活に必要な支払いをカードで行わなければいけない場合、クレジットカードがないと不便です。Amazonや楽天などの通販も、コンビニ支払いを一回一回するのは面倒です。

 

そんなときに便利なのが「VISA楽天銀行のデビットカード」です。債務整理をしてブラックリスト入りした人でも問題なく利用することができます。

 

分割払いとキャッシングに対応していない以外はすべてVISAクレジットカードと同様に使えます。

 

デビットカードとは、金融機関で発行されたキャッシュカードで、口座引き落としで、お買い物やお食事代のお支払いにつかえるサービスです。

 

クレジットカードでは利用代金は、一旦カード会社が立替支払いをし、後日後払いで支払うことになりますが、デビットカードでは、口座から即座に代金を引落す「即時決済型」です。

 

利用可能な金額は口座に入っている残高だけですから、預金残高を超えた支払いはできません。クレジットのような使いすぎて借金を作る心配がないので、安心です。

 

楽天銀行の口座さえ持っていれば、審査なしで16歳以上なら誰でも持つことができます。楽天では、口座開設と同時に申し込みすることができます。(ネットからの申し込み)

 

クレジットカードと違い、信用力の審査がないので、債務整理者でも口座開設&デビットカード申し込みが可能なのです。
>>楽天銀行のデビットカードの詳細はこちら

 

>>楽天銀行の公式HPはこちら

 

VISA楽天銀行のデビットカードが利用できる場所


■「JCB」「VISA」マークのある飲食店、お店ではクレジットカードと同様に利用できる

 

■ネットでの買い物もクレジットカードの番号を入力するのと同様にデビットカードの番号を入力することで支払できる

 

【完全に使えないもの】
NTTドコモ、KDDI、イー・アクセス、ソフトバンクモバイル、ウィルコム

 

【継続使用可、新規申し込み不可】
ヤフー会費、ツタヤディスカス、ニフティ、ビッグローブ、ソネット、777タウン、ギャオネクスト、ソニー損保、スカパー、ニコニコ動画、JCOM,BBexite、Gyao光フレッツ、WOWOW、ぷらら、ぽすれん、お名前ドットコム、JR西日本ICOCAクイックチャージ、モバオク、ザレスポンス、レジェンドプロジュース、平成なつき、日本サイコサイバネティクス、モーラウィン、ユーネクスト、民法法務協会、トリプレットゲート、ECナビ携帯、ソフマッププレミアムクラブ、日本生命保険相互会社、アメリカンファミリー生命保険、アメリカンホーム保険、アリコ保険料継続、三井ダイレクト損保、オリックス生命保険、NTTcom、NTT東日本、NTT西日本、楽天ショウタイム、PCDRPOT、タイムズ24、ツタヤガラパゴス、エディオンクルネット、ノジマワイワックス、ヤマダエアーモバイルワマックス、UQコミュニケーション、ビックカメラワイマックス、ハイビット、JRA-JAPAN

 

 

【普通に使えているもの】
ヤフーかんたん決済、Amazon支払い、楽天の支払い、メールマガジンまぐまぐ、ユニクロオンラインショップ、プレイステーションストア(PlayStation Store)、ニッセンオンライン通販、スーパーなど店舗での使用

 

【ニコニコ動画】
ニコニコ動画モバイル経由なら携帯料金と一緒に決済。

 

【ヤフーウォレット】
ジャパンネット銀行の口座をウォレットに登録できます。自動引き落としOKです。

 

【ソフトバンクモバイル】
ソフトバンクショップで支払い方法を口座引落にしたい旨を伝えると、キャッシュカードを持っていくとその場で手続きしてもらえます。

 

【公共料金】
口座引落でOKで、電気料金(東京電力)の場合は「口座引落割引き」というのがあってオトクです。ただ、公共料金の支払方法は変更に日数がかかるのが難点です。

 

【スカパー!】
口座引落でOKです。月額使用料以外(機材購入など)に関してはデビットカードでも銀行振込みでもOKです。

 

〜VISA楽天銀行公式サイト〜

 

債務整理に関する記事

・厳しい消費者金融の取り立てを止める方法!

 

・夜逃げで借金はリセットできるのか?夜逃げ後の生活ついて

 

・借金地獄から脱出するたった一つの方法!

 

・取引履歴の請求方法【家族に知られず請求する方法】

 

・債務整理をするとローンやクレジットは何年利用できないの?

 

・債務整理をすると連帯保証人には迷惑がかかるのか?

 

・ギャンブルで作った借金でも債務整理できるのか?

 

・債務整理中のブラック期間でも利用できるカード【楽天VISAデビットカード】

 

・債務整理情報まとめと体験談

 

・クレジットカードで作った借金でも債務整理できる?

 

・自動車ローン支払い中の車を手放さないで、債務整理をする方法!

 

・住宅ローン支払い中のマイホームを守りながら債務整理する方法!

 

・長年放置した借金は時効を待った方がよいのか?債務整理した方がよいのか?

 

・債務整理をすると入居審査は厳しくなる?【引っ越しと債務整理】

 

・任意整理の和解成立後の返済期間は?

 

・任意整理で借金を一括返済するメリットと信用情報への影響

 

・返済が滞ってできた遅延損害金は任意整理でカット可能か?

 

・任意整理が周囲にバレる可能性のある5つの事柄と対策方法!

 

・自己破産が家族・職場にバレる9つの事柄と対策方法【官報について】

 

・自己破産した場合の家族への影響

借金減額シミュレーター

街角法律相談所「借金返済シミュレーター」で債務整理をする

3つの質問でOK。1分程度の簡単入力
匿名で借金に関する無料相談ができ、弁護士から直接返事が貰える
「全国対応」で相談内容に応じた弁護士や司法書士を紹介してもらえる
依頼するかどうかは、無料メール相談をした上で慎重に決められる
即日対応で依頼することも可能
解決実績15,000件以上、参加の弁護士事務所209件、借金解決率80%
利用料金 エリア 特徴

無料

全国対応

匿名可能

 

「借金返済シミュレーター」の詳細はこちら

 

【簡単入力】「借金返済シミュレーター」を利用する


HOME 任意整理 個人再生 自己破産