債務整理と連帯保証人

債務整理をすると連帯保証人にはどのような影響があるのか?

借り主と連帯保証人との関係性

消費者金融や銀行にお金を借りる時、契約者は債権者と債務者、そして連帯保証人の三者です。お金を貸した人が債権者でお金を借りた人が債務者です。

 

債務者が契約通りに借金を弁済すれば問題ありませんが、何らかの理由で借金の弁済ができない事態になれば債権者は困ります。

 

そのような事態に備えて、債権者は債務者に連帯保証人を付けさせ、借金が返せなくなった時に、連帯保証人に肩代わりをさせます。

 

連帯保証人は、債務者が契約通りに支払いをしないときには、債務者に代わってその全額を支払わなくてはいけません。ただし、返済の主は債務者にあるので、支払いを続けているときには問題ありません。

 

債務者が支払いができない時にはじめて支払い責任が迫られます。

 

借り主が債務整理をすると連帯保証人に迷惑がかかるのか?

債務整理には3種類、自己破産と個人再生、任意整理があり、それぞれの手続きによって連帯保証人にどう影響するか違ってきます。

 

自己破産や個人再生は裁判所を通して債務整理をするため、連帯保証人がついた借金もついていない借金もすべて借金整理することになります。

 

このことから、自己破産や個人再生では、連帯保証人は残りの借金の支払いを迫られることになります。

 

これに対して、任意整理は裁判所を通さないので、任意整理先を自由に選択できます。「連帯保証人がついている借金だけは、整理しない」とすることができるのです。

 

弁護士が代理人となって貸金業者と交渉することで、連帯保証人にはタッチせずに和解できることもあります。

 

なお、債務整理をして連帯保証人に債務者の借金を支払わせてしまった場合でも、借金の整理をした後で連帯保証人の方に返済をすることもできます。

 

では、具体的に連帯保証人にどう影響していくのか説明していきます。

 

連帯保証人のついていない借金は債務整理するとどうなる?

たとえば消費者金融からの借金やクレジットカード(キャッシング、ショッピング、リボ払い)からの借金、カードローンによる借金は無担保ローンです。つまりこれらの借金には連帯保証人がついていません。

 

連帯保証人がついていない借金については債務整理をしても問題になりません。債務整理をして払えなかった分の借金は保証会社が肩代わりをします。

 

今回の問題は「連帯保証人がついている借金」です。まずは今の借金が無担保ローンなのか、連帯保証人付きの借金なのか確認する必要があります。

 

債務整理と連帯保証人

自己破産をした場合の連帯保証人への影響

債務者が自己破産をして免責がおりても、連帯保証人が免責されたわけではないので、貸金業者は連帯保証人のところへ回収できなかった分の借金の返済を求めてきます。

 

つまり、債務者が返済できなかった借金はそのまま連帯保証人の所にいくわけです。自己破産をすると、連帯保証人への影響は大きいと言えます。

 

【家族内に連帯保証人を付けている場合】
たとえば夫が借金をして妻が連帯保証人になった場合。この場合、夫が借金が返せなくなると、妻が支払い責任を迫られることになります。

 

妻にも支払の能力がない場合、自己破産の手続きをする必要があります。これは親や友人が連帯保証人になった場合も同じことが言えます。

 

夫だけが自己破産をすると、債権は妻に移り、妻が支払いを続けなければいけません。そこで妻と夫が同時に自己破産をすることで借金を免除してもらうことができます。

 

夫婦や親子で自己破産する場合は、書類は別々に作成しますが、裁判所では一家族が同時に手続きすることができるので、免責が下りやすくなります。また、弁護士に依頼する場合、書類の作成なども手間が省けるので、弁護士費用も安く済みます。

 

・詳しくはこちら
自己破産と連帯保証人について!家族が連帯保証人の場合

 

個人再生をした場合の連帯保証人への影響

個人再生は裁判所の力を借りて借金を5分の1まで減らしてもらう手続きですが、債務者だけが対象となります。

 

連帯保証人は対象外になるため、貸金業者が「個人再生」によって受け取れなくなった分の支払い(残りの5分の4の借金)を連帯保証人は請求されることになります。

 

個人再生は、連帯保証人がついていない借金も、ついている借金も全て整理することになりますので、裁判所に申し出なければならないのです。

 

すぐに連帯保証人に請求がいくかどうかは債権者次第で、再生計画ができてから、再生計画で支払が得られない部分を払ってくださいという業者から、保証人が全部払えるのなら直ちに一括で払え、その後は保証人が再生債権者として再生手続に参加してやってくれ、という業者までいます。

 

連帯保証人は連帯保証人の問題として、この借金の問題を処理していくことになります。

 

任意整理をした場合の連帯保証人への影響

もし将来利息がカットできたら、その支払えなかった分の利息が連帯保証人に請求がいく可能性があります。

 

ただし、任意整理では基本的に交渉の中での解決です。個人再生や自己破産と比べて影響は少ないと言えます。

 

任意整理の場合、交渉する相手を選ぶことができます。複数借金をしている場合、連帯保証人付きの借金はそのまま支払いを続けて、保証人がついていない借金は任意整理をするなど、自由に業者を選択することができます。

 

もし家族を連帯保証人につけている借金がある場合、「連帯保証人がついている借金だけは、任意整理しない」ことで、連帯保証人には迷惑をかけずに借金整理をすることもできます。

 

【連帯保証人がついている借金を任意整理する場合】
連帯保証人がついている借金を任意整理する場合、連帯保証人へどの程度影響するかは話し合い次第です。任意整理では弁護士が代理人となって貸金業者と交渉します。

 

連帯保証人を巻き込まない形で利息分をカットしたり遅延損害金をカットして減額した借金を分割返済する形で和解が成立されるのが通常です。

 

すべては話し合いの中で妥協点を付けるため、場合によっては、連帯保証人が一部の借金を支払う形で任意整理されることもあります。ただし、一般的には任意整理で連帯保証人を巻き込むことはほとんどありません。

 

これらは弁護士との関係性で決まるので、返済計画については、弁護士等の専門家にしっかりと相談してみてください。

 

任意整理をしたら連帯保証人にはどのような影響がある?

 

債務者(借り主)に返済能力がない場合、連帯保証人が先に債務整理をしてもよいのか

【質問】
母が息子に頼まれて消費者金融の連帯保証人になりました。60万ほど借りていました。

 

息子には浪費癖があり、毎月の返済が全然進まず、滞り気味です。現在母の元へ取り立ての電話や郵便物が届いています。

 

息子はどうみても返済能力がありませんし、このままでは母のもとに一括請求されるのは時間の問題です。この場合、連帯保証人である母が債務整理をすることはできるのでしょうか?
息子=債務者 母=連帯保証人

 

【回答】
連帯保証人の立場で、債務者より先に債務整理することはできません。まずは息子さんの債務整理をすることが先決です。

 

息子が債務整理をすると連帯保証人に一括で請求が来ますから、その時になってはじめて、母上も債務整理をします。原則として債務者と保証人は利害が相反するので、債務者(息子)が依頼した弁護士は、保証人(母上)の依頼を受けることができません。

 

しかし、親族ですから事情を汲み取ってくれる弁護士もいるはずです。債務整理の順番としては必ず債務者が先に行なって、あとから連帯保証人も追う形で債務整理をします。

 

まずは弁護士事務所の無料相談することで進むべき方向が見えてくると思います。

 

 

債務整理をした人は誰かの連帯保証人にはなれない?

任意整理をすると5年〜8、個人再生と自己破産をすると7年〜10年は事故情報(ブラックリスト)に載ります。その期間は新たな借金ができませんしローンも通りません。保証人や連帯保証人になることもできません。

 

このブラックリスト登録されている期間は連帯保証人になることはできません。しかしブラックリストが解除されれば、過去に債務整理したことが知られることはないですから、連帯保証人になることができます。

 

まとめ

・債務整理をした者はブラックリスト登録されている期間は連帯保証人にはなれない

 

・自己破産か個人再生をした場合、払えなかった借金は連帯保証人に請求される。家族内の誰かを連帯保証人にしている場合、債務者と連帯保証人二人とも自己破産するなど対策をとる必要がある

 

・任意整理では、交渉相手を選ぶことで連帯保証人に請求はいかない。ほとんどの場合連帯保証人に迷惑がかかることはない

 

債務整理に関する記事

・厳しい消費者金融の取り立てを止める方法!

 

・夜逃げで借金はリセットできるのか?夜逃げ後の生活ついて

 

・借金地獄から脱出するたった一つの方法!

 

・取引履歴の請求方法【家族に知られず請求する方法】

 

・債務整理をするとローンやクレジットは何年利用できないの?

 

・債務整理をすると連帯保証人には迷惑がかかるのか?

 

・ギャンブルで作った借金でも債務整理できるのか?

 

・債務整理中のブラック期間でも利用できるカード【楽天VISAデビットカード】

 

・債務整理情報まとめと体験談

 

・クレジットカードで作った借金でも債務整理できる?

 

・自動車ローン支払い中の車を手放さないで、債務整理をする方法!

 

・住宅ローン支払い中のマイホームを守りながら債務整理する方法!

 

・長年放置した借金は時効を待った方がよいのか?債務整理した方がよいのか?

 

・債務整理をすると入居審査は厳しくなる?【引っ越しと債務整理】

 

・任意整理の和解成立後の返済期間は?

 

・任意整理で借金を一括返済するメリットと信用情報への影響

 

・返済が滞ってできた遅延損害金は任意整理でカット可能か?

 

・任意整理が周囲にバレる可能性のある5つの事柄と対策方法!

 

・自己破産が家族・職場にバレる9つの事柄と対策方法【官報について】

 

・自己破産した場合の家族への影響

借金減額シミュレーター

街角法律相談所「借金返済シミュレーター」で債務整理をする

3つの質問でOK。1分程度の簡単入力
匿名で借金に関する無料相談ができ、弁護士から直接返事が貰える
「全国対応」で相談内容に応じた弁護士や司法書士を紹介してもらえる
依頼するかどうかは、無料メール相談をした上で慎重に決められる
即日対応で依頼することも可能
解決実績15,000件以上、参加の弁護士事務所209件、借金解決率80%
利用料金 エリア 特徴

無料

全国対応

匿名可能

 

「借金返済シミュレーター」の詳細はこちら


HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産