債務整理 信用情報 ブラックリスト 期間

事故情報はどれくらいの期間登録されるのか?

債務整理をすると一定期間新たな借金はできないのか?

債務整理をすると、事故情報としてブラックリストに載ることになります。

 

事故情報に登録されると個人再生と自己破産が約7年〜10年、任意整理が約5年、新たな借金(消費者金融、クレジット、銀行、各種ローンなど)ができなくなります。

 

このようなリストは、貸金業者が債権を回収できるかどうか確かめる1つのモノサシとして使われます。ローンやカードを登録するときは生年月日、性別、住居年数、資産、家族関係、職業、勤務先の個人情報、信用情報を記載します。

 

しかし、これだけでは過去の取引歴を知ることができません。なので自社だけでなく、他社の保有するデータをお互いに利用することで信用情報を得ています。

 

そこでは未払い、延滞、債務整理などの情報交流が行われています。

 

債務整理の種類によってブラックリストの期間は違う

債務整理といってもそれぞれ種類があります。債務整理は主に3種類、任意整理(過払い金請求)、個人再生、自己破産に分かれます。

・個人再生・・・利息などの圧縮を図り残債務に対して将来利息を発生させず元本の分割払い、または債務者の支払い見込みから算出される月の返済額を決定し減額して支払うもの、などの任意整理。

 

・自己破産・・・債務の免責が認められれば利息はおろか元本まで飛ばしてしまう処置。

 

・任意整理(過払い金請求)・・・弁護士に依頼し、貸金業者と交渉することでリーズナブルな返済計画を立て貰うもの。過払い請求とは利息制限法に則した利率で引きなおし計算をした結果、払いすぎた利息分を元金に充当した結果として返金が発生するもの。


個人再生と自己破産は裁判所を通して行う手続きですので、事故登録と同時に「官報」にも公表されます。官報情報は7年〜10年間は保持されますから最大でその期間は新たな借り入れをすることができません。

 

任意整理の場合は、裁判所を通さないので官報に公表されることはありませんが、事故情報に載るので最大5年間は借金ができません。

 

過払い請求は債務ゼロなったり返金が発生したりし、滞納、未払いにはならないので一切問題はありません。

 

たとえ請求した相手であっても再度のカード発行は申し込み時点での返済能力を問われるだけです。引きなおし計算をしても更に残債務が残るのなら信用情報に異動情報となって5年間は保持、個人再生と同じで5年〜10年は審査否決でしょう。

 

信用情報機関に登録される情報

・氏名
・生年月日
・自宅住所・自宅電話番号
・勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号
・契約商品情報(契約先名称とその利用限度額など)
・契約日
・借入金額
・支払形態
・返済回数
・支払残高
・次回返済日
・長期延滞(主に3ヵ月以上)
・債務整理

ブラックリストは一般の人には知られることはあるの?

事故情報が一般の方に知られることはありません。職場の人や家族でも見ることはできません。
事故情報をみることができるのはカード会社や信販会社、銀行、貸金業者だけです。
業者から借入をするとき、申込書の規約には必ず「個人情報の収集・利用・提供および登録に関する同意」という条項があります。
申込書を記載すると知らず知らずのうちに業者に閲覧を許可することになり、閲覧が許可されるのは専門業者だけです。

信用情報機関にもそれぞれ種類がある

信用情報機関には何種類かあって、事故情報の保持期間はそれぞれの機関で違います。

 

信用情報機関の事故情報は時間が経てば自然と消えますが、もともと債権者だった会社が、自社の情報として事故情報を保持するのは自由なので、基本的に一生保持されると思ったほうがよいです。

 

債務整理をした貸金業者には10年経っても、借入が難しいでしょう。

 

例えばA社とB者での借金がある状態で自己破産した場合、10年経てばC社でのカード作成は可能ですが、A社とB者での借入、カード作成は難しいです。

 

信用情報機関の種類

信用情報には3種類あります。 全国銀行個人信用情報センター(JICC)と株式会社 シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(KSC)です。貸金業者はこれら3つの信用情報を参考にしながら審査を決めています。

 

信用情報機関

・全国銀行個人信用情報センター(JICC) …銀行系の信用情報機関

 

・株式会社 シー・アイ・シー(CIC) …信販会社の信用情報機関

 

・株式会社 日本信用情報機構(KSC) …銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関

 

債務整理から5年が経って、全国銀行個人信用情報センターと株式会社 シー・アイ・シーの事故情報は消えても、日本信用情報機構が消えていない場合、借り入れは難しくなります。

 

信用情報機関によっても登録期間が異なります。債務整理別、信用情報機関別に登録期間を以下の図でまとめました。

 

  任意整理 個人再生 自己破産
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 載らない 載らない 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年 10年 10年

 

誤解しやすいポイント

たまに事故情報の期間について「借金を完済してから5年〜10年」と誤解している方がいらっしゃいます。これは間違いです。正しくは債務整理をして業者と和解をして任意整理をはじめた時から5年です。

 

自己破産や個人再生の場合は、裁判所に認められたときから7年〜10年です。ただしこれには条件があります。任意整理や自己破産を行っている間に延滞や滞納がない場合に限ります。

 

自己破産は免責を下りた時点で借金返済の必要がなくなりますが、任意整理や個人再生は、減額した借金を返済していくことになります。

 

借金自体は残っているので、途中で延滞、滞納してしまうと、その時点で再び事故情報に登録されてしまいます。

 

任意整理や個人再生を検討する場合は、毎月きちんと支払っていけるかどうかが大事です。

 

自分の事故登録情報を正確に知る方法

前述したとおり、事故情報が消えるのは原則として、個人再生と自己破産が約7年〜10年、任意整理が約5年です。ただし、信用情報機関によって載せ方と期間は異なります。

 

正確な事故情報が知りたい場合はCICやJICC、KSCで情報開示してもらいましょう。窓口で聞けば、正確な情報を知ることができます。

 

開示の方法について公式HPよりご覧ください。

 

・全国銀行個人信用情報センター(JICC)
・株式会社 シー・アイ・シー(CIC) 
・全国銀行個人信用情報センター(KSC) 

 

事故情報に誤りがある場合

もし情報が事実と違っていた場合、信用情報機関に対して訂正や削除の申し立てをすることができます。

 

訂正には本人であるための確認のための印鑑証明書を必要する情報機関もありますが、原則は間違いを通知することで簡単に行えます。

 

信用情報機関は、訂正や削除の申し立てがあった場合、情報の調査をしてその結果を本人に通知する義務があります。

 

審査の甘い業者と審査の厳しい業者がいる

審査の甘いカード会社と厳しいカード会社があって、まずは審査の甘いカード会社で良好な実績を積んでからでないと厳しいカードは作れないかもしれません。

 

要は、債務整理の情報が消えたとしても、厳しい会社は、5年間、質問者様のクレジットの経歴がまったくないことから、過去に債務整理や自己破産をした人なのかもしれないと、疑ってかかっているわけです。

 

消費者金融関係の会社は比較的審査が甘いといわれています。ただし、債務整理をした会社とその関連会社のカードは生涯作れないものと思ったほうが良いです。

 

まとめ

・ブラックリスト(事故情報)に登録され、新たな借金ができない期間は個人再生と自己破産が約7年〜10年、任意整理が約5年。

 

・現在の事故情報については信用情報機関に問い合わせることで正確な情報を知ることができる。

 

・事故情報に誤りがある場合、訂正も可能

 

債務整理に関する記事

・厳しい消費者金融の取り立てを止める方法!

 

・夜逃げで借金はリセットできるのか?夜逃げ後の生活ついて

 

・借金地獄から脱出するたった一つの方法!

 

・取引履歴の請求方法【家族に知られず請求する方法】

 

・債務整理をするとローンやクレジットは何年利用できないの?

 

・債務整理をすると連帯保証人には迷惑がかかるのか?

 

・ギャンブルで作った借金でも債務整理できるのか?

 

・債務整理中のブラック期間でも利用できるカード【楽天VISAデビットカード】

 

・債務整理情報まとめと体験談

 

・クレジットカードで作った借金でも債務整理できる?

 

・自動車ローン支払い中の車を手放さないで、債務整理をする方法!

 

・住宅ローン支払い中のマイホームを守りながら債務整理する方法!

 

・長年放置した借金は時効を待った方がよいのか?債務整理した方がよいのか?

 

・債務整理をすると入居審査は厳しくなる?【引っ越しと債務整理】

 

・任意整理の和解成立後の返済期間は?

 

・任意整理で借金を一括返済するメリットと信用情報への影響

 

・返済が滞ってできた遅延損害金は任意整理でカット可能か?

 

・任意整理が周囲にバレる可能性のある5つの事柄と対策方法!

 

・自己破産が家族・職場にバレる9つの事柄と対策方法【官報について】

 

・自己破産した場合の家族への影響

借金減額シミュレーター

街角法律相談所「借金返済シミュレーター」で債務整理をする

3つの質問でOK。1分程度の簡単入力
匿名で借金に関する無料相談ができ、弁護士から直接返事が貰える
「全国対応」で相談内容に応じた弁護士や司法書士を紹介してもらえる
依頼するかどうかは、無料メール相談をした上で慎重に決められる
即日対応で依頼することも可能
解決実績15,000件以上、参加の弁護士事務所209件、借金解決率80%
利用料金 エリア 特徴

無料

全国対応

匿名可能

 

「借金返済シミュレーター」の詳細はこちら


HOME 弁護士事務所 任意整理 個人再生 自己破産